吾輩はタイ猫である

タイ猫生活と憧れのナチュラルガーデンを夢見て綴ります

タイ猫純血種センター

     本日「とろ」を迎えに行ってきました。
     サムットソンクラーム県のタイ猫純血種センターです。
     thai cat house
     沢山のケージの中に、コラート(シーサワット)
     カオマニー、ウィチアンマート(シャム)、
     ゴンジャー、スパラックなどのタイ純血種が
     飼われています。
     とろのように、お見合いのため預けられて
     いる子が何匹かいました。
     
     
     コラート
     「とろ」のお見合い相手です。
     風邪をひいていたみたいで、
     鼻水が出ていました。大丈夫?


     思わず「きゃわいい~」
     カオマニー
     カオマニーの子猫です。
     とてもリラックスして写真を
     撮らせてくれました。
     カオマニーは「キャット・ブック・
     ポエムズ」の4番目に登場する由緒
     正しい猫ちゃんです。
     オッドアイの子も数匹いました。
     

     
     シャム猫6
     ウィチアンマート(シャム)の
     女の子。とても人懐っこくて、
     「遊んで~」とお手手を出して
     くれます。     

     シャム猫3
     

     シャム猫1
     子育て中のシャム猫。

     
     シャム猫2
     びっくりさせた?
     

     シャム猫4
     シャム猫の子猫ちゃん。
     生後約3ヶ月だそうです。

     シャム猫5
     シャムはキャット・ブック・ポエムズ」の
     8番目に登場し、「月のダイアモンド」に
     たとえられています。



     植物3
     にゃんこ以外に興味深いものが、
     いくつかありました。
     これは、ミニグァバです。
   

     植物4
     観賞用で、盆栽みたいに育てることも
     できるそうですが、これはじか植えした
     ため、大きくなっていました。

     植物5
     これは、こぶみかんです。こぶみかんの
     葉は、トムヤムクンに欠かせないハーブです。

     植物1
     からす瓜の花。雑草ですが、私にはとても
     美しく見えます。

     植物2


     あり
     さすが熱帯です。ありの巨大なこと!
     咬まれるととっても痛くて痒いので、
     踏まないように気をつけなくちゃ。

     鳥
     野鳥もやってきました。

     蜂箱
     これは、製作中の蜂箱です。
     蜂といっても、ミツバチではなく、
     ヒメハナバチといわれる体長5ミリ
     ほどの蜂で、採取した蜂蜜はとても
     栄養価が高いそうです。
     もちろん購入しました!



     いつも最後まで見ていただきありがとうございます。
    にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
     応援していただけるととてもうれしいです。     

 未分類

0 Comments

Leave a comment