吾輩はタイ猫である

タイ猫生活と憧れのナチュラルガーデンを夢見て綴ります

寄生されてる?


タイ猫純血種「コラート猫」の魅力をたくさんの方に知ってもらおうとブログを始めました。
  コラート猫の魅力を伝えつつ先住猫のペルシャ猫やハチワレ老猫も登場します。

 にゃんこ以外には、大好きな庭あそび(ガーデニングというにはおこがましい)の様子や
   お気に入りの雑貨、お気に入りの場所なんかも盛り込んだ欲張りブログです。

       今日も素敵な一日がスタートしますように。

           ラベル
    
 meiCIMG7022A.jpg
 flowerkitten







先週末の午後に久しぶりにベランダに出てみた。
ベランダの水やりは主人の分担なので、
たまにしかベランダに出ないのです。

剪定してないのでデザートローズが
暴れ放題になっています。あーあ。


放置栽培のデザートローズだけど、
毎年律儀にお花をつけてくれる。


頑張ってるお花に敬意をはらい、
ふと、なにかおかしいことに気づく。

garden1






見慣れない葉が絡まっていると思いきや、
なんと寄生されているではないですか~
右側のこぶみたいのが、その根っこです。

一体どこから飛んできたのかこの植物
それにしても、20ウン年タイに住んでいますが
デザートローズが寄生されるなんて初めてです。

garden2








ネットで寄生植物を調べたら、
アリの頭に寄生するキノコを発見!

寄生されたら行動をコントロールされるそうで、
なにやら想像しただけでぞわぞわするんですが。

寄生植物恐るべし。

巷では寄生獣がはやっていたようですね。
読んだことも見たこともないんですが、
「寄生」されるのは人間なんですか?
なんだかぞっとするけど、と思いながら
ストーリーをざっと読んで絵が怖くて
昔読んだうめずかずおさんの「おろち」とか
思い出してしまいました。








友人と飼い猫の虫下しの話をしていたんだけれど、
タイの獣医さんは定期的に虫下しを飲ませた方がいいといいます。

室内飼いなのに?って思ったのですが、
日本ではどうなんでしょうか。


一方次男がご飯食べてもすぐお腹がすくから、
お腹に虫がいるかもって冗談ぽく言うんですが、
子供も虫下し飲ませたほうがいいのかしら。

子供のころギョウチュウ検査ってありましたよね。
セロファン紙をおちりに当てて提出するやつ。

今はもう廃止されたと聞いたような・・・












いつもご訪問いただきありがとうございます。
また是非遊びにきてくださいね。
お手間でなければ応援のクリックも~。ね。

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

猫・多頭飼い ブログランキングへ
スポンサーサイト

 植物

2 Comments

さくら  

No title

まだ午前8時だからおはようございます

デザートローズの寄生種はなにか分かりましたか?
さすが南国  植物は元気ですね

寄生獣だったっけ?  全巻読みました
全然怖くない、味のある寄生獣でしたよ
主人公に着いている奴は特に。
息子に言わせると、名作だそうです 
うん? と思うけれど、うんちくを聞きたくないので
黙ることにしています ^^

虫下しは特別推奨されてはいない気がしますが。。。

息子さんが太らないのは新陳代謝がいいのね
お腹がすくのは当たり前 今は体がきしむほどいの第2次成長期。
症状が何もなければ、わざわざ虫下しは必要ないと思うけれど
タイは分からないですね  川の物などを加熱しないで食べたりすると
良くないかもです
日本は清潔 清潔ってバカみたいデス
娘は幼稚園が不潔だからって保育所に変わりました
ちょっと変なのは本人だと思うけれど。

2015/04/10 (Fri) 08:21 | EDIT | REPLY |   

ばいもんのおかさん  

さくらさんへ

お返事が大変遅くなりました。
ソンクラーンの連休中もPCをさぼっていたので
いつのまにか4月も下旬にさしかかってきました。

デザートローズの寄生種はまだ何かわからないんですよ。
熱帯植物はほんとうにたくましいです。

寄生獣はそんな名作だったんですね!
機会があれば読んでみたいと思います。
息子さん、うんちくを語られるんですね(笑)

猫も含め家族に回虫飼ってるのがいるとちょっと寒いですね。
虫下しを飲まずに済むことを願いたいものです。

日本は本当に一部の人は潔癖すぎですね。
昔の日本はある程度免疫をつけながら成長したと思うんですけど
今はそういう機会がなくなったせいでちょっとした菌で重症化する人もいるようですね。

2015/04/21 (Tue) 00:41 | REPLY |   

Leave a comment