吾輩はタイ猫である

タイ猫生活と憧れのナチュラルガーデンを夢見て綴ります

公園に生えた植物たち





あらためて公園内を観察すると
いつの間にか菜園様になってました。

左から桑の木、その真後ろマンゴー、
手前がなすでその奥はパパイヤといった具合

garden 1




植えたおぼえがないのに
種が飛んできたのか
誰かが投げ捨てたのか

タイの植物の生命力に
いつも驚かされます。




写真を撮っていると
黄緑色の丸いものをくわえ、
走っていくリスがいました。

そのうち頭上からなにやら
ぼとぼと降ってきました。

garden 3





音はすれども姿なし

どうもリスがどこかから
ノイナーをしっけいして
食べているようです。

garden 2











話題を変えて、

私が今はまっている
フランスアンティーク新聞
「Le Petit Journal」紙面


毒蛇と毒草のイラストです。

le petit journal snake




獰猛な顔つきですね。
へびの嫌いな方ごめんなさい。

le petit journal snake 2







下部にイラストのタイトルと
其々の名前が書いてあります。

翻訳ツールを使って
タイトルを訳してみましたが、
単語の意味は分かっても
文章として訳すのは難しいです。

Les reptiles 爬虫類
plantes ve'ne'uses 毒草

le petit journal remark

1.と2.は「まむし」で、

毒草は、
3.ベラドンナ(セイヨウハシリドコロ)
4.ジキタリス
5.ドクニンジン
6.トウダイグサ



こちらが表紙
1897年2月14日(日)付けです。

le petit journal date



そういえば、

先日庭先にグリーンスネークが出没
でもあっという間に木を伝って
いなくなってしまったのです。
猛毒のある種類だったらと思うと
庭仕事がちょっとだけ怖いです。






スポンサーサイト

 未分類

0 Comments

Leave a comment