吾輩はタイ猫である

タイ猫生活と憧れのナチュラルガーデンを夢見て綴ります

ツナちゃん里帰り











2週間前になりますが、
我が家から巣立ったツナちゃんが、
子猫を訪ねに来てくれました。


しかし、かのように緊張の面持ち

tuna 1

いつも親ばか(元親)ですみませんが、
毛並みつやつや銀色に輝くコラット
も~、君が一番美しい!








久しぶりに他の猫を身近にしたので
お約束の「しゃーっっ」です。

子猫の毛が逆立って漫画のよう。
こんな絵見たことある~!(笑)

子猫なのにしっぽはリス並みだし。
イラスト描く人はよく観察してますね。

tuna 2



tuna 3







この日は主人がたまたま約束していた
TIMBAの方が来られていたので、
10月にムアントンタニーで開催される
タイ猫のキャットショーについての話題になりました。

去勢・避妊した猫も出場できるらしく、
ツナちゃん是非出てみたら?なんて。

ただし、ジャッジに「ふーっ、しゃーっ」
やっちゃうと、減点になるのでどうかな。

実は私、何も知らず無謀にも
タイランドキャットショーに
出たことがあります。過去記事→こちら

あとで実感したのは、タイ猫は
欧米のゴージャスな猫と比較されるべきじゃにゃい!
ということでした。

まあ、いい経験になりましたけどね。
10月のタイ猫キャットショーチャレンジしてみよっかな。


あ、話がそれましたが、
TIMBAは、The International Maew Boran Associationの略で
まだ新しいアソシエーションなんですが、
タイ固有の純血種猫を発展させるため、
外国の方々とタイ猫をつなぐ架け橋のため、
設立されたと聞いています。

純血種を保護していくのは並大抵ではありません。
どんどん雑種になって本来の種からかけ離れていきます。
私もタイ猫発展のため
少しでもお手伝いできればなと思っています。


スポンサーサイト

 コラート猫

2 Comments

RENOVA  

本当に美しいねこですねー。
おかさんはツヤツヤしたこの銀毛を守っているんですね。

キャットショーの記事読みました。
ゴージャスキャットが一同に会するさまは一度見てみた〜い!
ぜひぜひ、10月のショーにも参加してレポートしてください!

ところでどうでもいい話ですが、
「TIMBAは、The International Maew Boran Associationの略」
略文字に定冠詞も含める例を初めて見ました。

「インバ」じゃなくて「ティンバ」って発音してもらいたかったのかな〜
とちょっと楽しくなりました。ティンバの方が1000倍かわいいですよね。

2017/06/23 (Fri) 13:50 | REPLY |   

ばいもんのおかさん  

RENOVAさんへ

コメントありがとうございます。

RENOVAさんはもしや語学の専門家?
気にもしてなかったんですが(笑)、
確かにTheも略に入れて、ティンバと
タイ語で書かれていましたよ!(くすっ)

インバはなんだか~だけど、ティンバはいいですね。
ライオンキングに出てたのは…あ、あれはシンバか。


キャットショーは違うところの主催で7月にもあるみたいなんですが、
これもまた前回のように欧米のゴージャスにゃんこが多いので
短毛で小型のタイ猫はちょっと不利なのかな~と思っています。
やっぱりタイ猫同士で競うほうがね~

2017/06/23 (Fri) 15:11 | REPLY |   

Leave a comment