吾輩はタイ猫である

タイ猫生活と憧れのナチュラルガーデンを夢見て綴ります

世界中を旅するコラット








昨日ぽぽの子猫が
オランダ人家族のお家へ
巣立って行きました。

まだ小さな子供の家庭のようなので
子猫もたくさん遊んでもらえるでしょう。

だんだんインターナショナルになってきたな~
前回巣立ったももの子猫も
1匹はヨーロッパでもう1匹は中国だったしね。







またまた飽きもせず、
子猫とぽぽの息子じう
え~と、つまりは兄妹です。

jiw&kitten 1





大きさがあまりに違って
驚きですよね。

じうは去勢してるのと
生来のくいしんぼで
巨大化してきました。

健康のためには
ダイエットしたほうが
いいよね。


jiw&kitten 2





ふ~ん、ぼく知らない。

jiw&kitten 3



jiw&kitten 5



jiw&kitten 4




スポンサーサイト

 コラート猫

1 Comments

にゃっち  

お名前

じうちゃん、大きいですね〜。
お名前をウアンかヤイに変更しなくちゃ。笑
ヤイにも他にでっかいみたいなニュアンスの言葉があるのですか?

もしかしてニャンコにもチューチンがあったりして。。

普通はタイの人はチューレンで通用してますよね。

以前シンガポールで働いていた時、タイ人の同僚はチューレンで呼ばれていて、初めてその人からメールが来た時に長くてなんと発音して良いのかわからない名前だったから、誰から来たメールなのか全くわからなかったです。

でもメールの文面の最初に私は○○です、といつものチューレンを書いてくれたので、ああーとわかったけど。。

うちの前のコ、コラットはマイケルとチャナチャイ、2つの名前がありました。
チャナチャイは輸出入の動物検疫の書類に書いたきり、他で使ったことはなかったですが。
その子もバンコク、東京、シンガポールと3カ国住んだインターナショナルニャンコでしたよ〜。

おかさんのニャンコは世界に巣立って行ってきっとコラットの良さを皆さんに知ってもらい発揮してくれますね!!

2017/07/26 (Wed) 22:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment